ホームページを作る人のネタ帳

インターネットの知識と、フリーランスや企業を応援して紹介します

PayPayのフィッシングメールが絶賛横行中|ついでに各種レンタルサーバーのフィッシングも

その伝え方の何が間違っているか教えます|ECサイトやブログ、スピーチで使える記憶に残る伝え方

ミックスナッツ
今から、セブンイレブンに売っている、「7種類の味が楽しめるミックスナッツ」がいかに優れた食べ物なのかをお伝えしたいと思います。ほとんどの人は、このミックスナッツになんの興味もないかもしれません。

なので、ほんの少しだけ伝え方を工夫してみます。

もしあなたが、ウェブサイトやLP、スピーチなどで人にものを伝えるお仕事をしているなら、何かのヒントになればと思います。
この記事では、相手の記憶に残るような構成の考え方をご紹介します。

ECサイトの売り上げアップ効果が高い認知的不協和の整合性テクニック

ECサイト売り上げアップテクニック
ECサイトの売り上げアップのために、いくつかのコツがあるんですけど、そのうちの一つが認知的不協和です。

人間は不思議な生き物で、全てのものにつじつま合わせをしなければ、認知しにくい状態に陥ります。
この認知しにくい状態に陥ると、落ち着かなくなってしまうため、頭の中で都合よくつじつまを合わせようとします。

認知的不協和には以下の2種類がECサイトに効果的だと言われています。
・モヤモヤの状態を解決させるため認知させる
・購入後のモヤモヤを解決するため

今回、この二つを使ってどのようにECサイトに活用するのかをご紹介します。

自分だけがフォローしている人とのリプライを、自分のタイムラインに出さない方法

この二つで仕様がちがう
2019年1月18日かその辺で仕様が変わったんですけど、私の回りでも知らないという人多いのと、説明が地味に面倒なのでもう一度言うついでに書きます。

ひとまず前の仕様からおさらいしてみましょう。

仮に政治家がクズだとして、果たして本当にクズだからという理由で投票しないでいるとどうなるのか

投票の価値
ちょっとWebとは関係ない話になるんですけど、たまに若い人の声を目にするんですよ。
「今の政治家はクズばっかりでだれに投票していいかわからない」
「投票する価値がない」
「どれに投票しても同じだから投票めんどくさい」

政治に関心を持ったはいいけど、どうしょうもねぇクズばっかりでどうしょうもねぇ。

そんな声を。
で、仮に、仮にですよ?
あくまでも仮りの話ですよ。
仮に本当に政治家がクズだった場合、投票しないでいるとどうなっていくのかっていうお話ですよ。

我が家にも郵政を語る謎のApple IDくれくれスパムが現れました

郵政詐欺1

お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが、不在のため持ち帰りました。
ご確認ください。 http://jppost-**.top:81

という一通のSMSから始まる物語。
「今頃か!」って思う人もいると思いますけど、実際こういう単純なものにみんな引っかかると言われているので、念のためご紹介。佐川バージョンやヤマトバージョンもあります。

**の部分は色々あって、どれということはありません。

Twitterから「一部の条件を満たしたユーザーのツイート」は禁止事項を一部解除する事を改めて表明した

ツイッター
個人的には結局フォロワー数主義かよ・・・なんて感じるところはありますが。

Twitterが公開した条件は次の3つ。

1)政府職員もしくはその代理、公職の立候補者または官職にあるとみなされていること(例えば、次期就任予定者、承認待ちもしくは然るべき地位の後任に指名された人)

2)フォロワー数が10万以上のアカウントであること

3)Twitterの認証済みアカウントであること

これらの条件をすべて満たしたユーザーは、Twitterの規約違反であったとしても表示し続けると言及があり、世界的に話題になってました。Twitterには、攻撃的なツイートを行なったユーザーを排除すると言う規約があり、多くのユーザーが日々凍結されていますが、今回の言及は、一部のユーザーの攻撃的なツイートを許可し、排除しない事を明らかにしたことになります。

言い換えると、「Twitterが定めた条件をクリアしたユーザーは、たとえ攻撃的であったとしても、それが直接的に危害を加えるものではない、むしろ多くのユーザー利益となるので排除しません。フォワーの少ない一般ユーザーは攻撃的なツイートから犯罪に結びつくことが容易に想像できるので排除します」と言うことになるのかなと。